Page: 1/1   
青森の聖火ランナー人数の話
0

    聖火ランナーに選ばれたことが判明してから、聖火ランナーについていろいろ調べたりする機会が増えました。

    興味のあるものはアンテナに引っ掛かりやすいし、意図的に探しちゃいますよね。

    トヨタからメールのあった12月17日も様々なところで聖火ランナーに関するニュースが出回り、

    青森では古坂大魔王が選ばれただのと実行委推薦ランナーについて記事がありました。

     

    東京2020聖火リレー県実行委は17日、来年6月11、12日に青森県で行う東京五輪聖火リレーの実行委推薦ランナーとして、矢澤一輝さん(西目屋村教委、08年北京から3大会連続五輪カヌースラローム日本代表)、齋藤春香さん(弘前市出身、08年北京五輪ソフトボール日本代表監督)、古坂大魔王さん(青森市出身、タレント)、野口紀子さん(田名部高ボート部出身、96年アトランタ五輪ボート日本代表)・平田良子さん(田名部高ボート部出身)ペア、上村鮎子さん(十和田乗馬倶楽部代表)の5組・6人を選んだと発表した。残る推薦ランナーは今後発表する。

     

    それからだいぶたって、あちこち見てたら、青森県の詳細ルートが書かれたページに、

    ルートとなる各市町村の走行距離やスロット数が書かれていました。

    最初は別に気にしてなかったですが、そういえばとと思って、

    足し算してみたら走行距離の合計は、36.9kmだったんですよ。


    『38人の枠に対し、1354人が応募、最終倍率は35.6倍』とか記事に書いてたんで、

     

    青森県は13日、8月末で一般公募を締め切った2020年東京五輪の聖火ランナーについて、青森県実行委員会募集分の最終応募状況を発表した。38人の枠に対し、1354人が応募、最終倍率は35.6倍となった。

     

    そのままの意味で受け取ってたんですが、

    このままだと一人当たり1kmなるじゃんって思ってよくよく読んでみたら、

    『青森県実行委員会募集分』って書いてあったので、スポンサー枠が入ってないみたいですね。

     

    スロット数の合計が、178。
    スロット数って何ぞやと調べてみたら、
    『1人(組)のランナーが走る約200メートルの走行枠』
    という事で、スポンサー枠を含めると、もっともっと多くの人が応募していて、

    青森県の聖火ランナーは総勢で178名くらいいるという事なんでしょうね。

     

    早めに個々の走行ルート知りたいものです。

    | araseki | 18:26 | comments(0) | - | - | - |
    TOKYO2020 聖火リレー
    0

      2020東京オリンピック前に行われる、東京2020オリンピック聖火リレー

      どうやら、その聖火ランナーに選ばれたようです。

      2020年6月12日(金)に青森県の右側のどこかしらを走ることになりました。

      詳細に関しては、まだ来ていません。

       

       

       

      思えば、NTT関連のサイトかバナーで『聖火ランナー募集』とかいうのを見たのがきっかけだったかな?

      少し興味あったし、選ばれれば一生に一度あるかないかの体験ができる。

      あと、トーチ貰えるなら欲しい(笑)

      そんな軽い気持ちでいろいろ調べてみたのです。

       

      ・応募するルートが5つある

       >NTT

       >トヨタ自動車

       >日本生命

       >コカ・コーラ

       >自治体

      ・どこから応募しても複数当選は無い

      ・自己PRと応募動機を記入する必要がある

       

      ということで、とりあえずという事で6月下旬に4つの企業ページからそれぞれ応募。

      自治体の方は、7月中旬になってやっと募集がかかり、応募フォームから応募。

      そして、私の記憶からはすっかり忘れさられていたところ、

      10月2日になってトヨタ自動車から『一次審査通過のご連絡、最終エントリーの ご案内』なるメールが届きました。

       

      ふーんとかへーと思いつつ最終エントリーをポチポチと行ない、再び記憶の彼方へ。

      たまに受信トレイに残っているメールを目にし、知り合いとの話題にしつつ、平凡な日々を過ごしておりました。

       

      そして12月2日。

      今度はNTTからメールが。

      もうすぐ発表!東京2020オリ ンピック聖火ランナー

       

      そうか、そろそろ発表なのか。

      選ばれるといいね

       

      応募に記入した内容

      ・選択式の応募動機 − 街づくり・持続可能性

      ・自由記入の自己PR − 弘前出身八戸住まいであり外から弘前を見つつ横笛普及活動を行っている点と、野田村のボランティア活動について簡単に

       

       

       

      そんなこんなで、12月10日、

      再度トヨタ自動車からメール

      『トヨタ自動車、東京2020オリンピック聖 火ランナーへのご応募ありがとうございまし た。』

       

      ん?なんだ?

       

      この度は、トヨタ自動車の東京2020オリンピック聖火ランナーの募集に多数のご応募をいただき、
      誠にありがとうございました。
      聖火ランナー決定の発表については東京2020組織委員会の決定をもって聖火ランナーに選出された方に、
      以下の日程で弊社及び組織委員会よりご案内がございます。

       

      《決定ランナー発表スケジュール》
      2019年12月12日以降  トヨタ自動車より決定ランナーへの速報通知
      2019年12月25日以降  組織委員会より決定ランナーへの正式決定通知

      ※以降順次組織委員会よりご案内

       

      組織委員会のホームページに記載の通り、選出されなかった応募者の皆様への通知は行われません。
      また、選出に関する理由は開示されませんのであらかじめご了承ください。

       

      スケジュールのご案内でした。

      なかなかドキドキさせる展開です。

       

       

       

      そしてやってきた12月12日。

      トヨタ自動車から1通のメール。

      選出されなかった応募者への通知がない。それなのにメールが来るという事は!?

       

      東京2020オリンピック聖火ランナー決定 のお知らせ

       

      キター(AA略

       

      本文は、

       

      この度は、東京2020オリンピック聖火ランナーに

      ご応募いただき、誠にありがとうございます。

      あなたが、地域やまわりの人のために

      取り組まれているチャレンジにより

      東京2020オリンピック聖火ランナーに選ばれました。

      おめでとうございます。

      そのチャレンジと同様に、あなたの走りも、

      未来を動かすチカラになるはず。

      青森チャレンジャーとして、 力強くその一歩を踏み出してください。

      本メールは東京2020オリンピック聖火ランナーの決定速報通知 となります。
      12月25日以降順次、 東京2020組織委員会より走行日の指定とともに正式決定通知の ご連絡が入ります。

       

      という事で、速報レベルの情報ですが、聖火ランナーに選ばれたことを認識しました。

      と、メールはこれだけ。

       

      ちょうど12日はTwitter界隈でも選ばれたとか連絡来ないとかで盛り上がっていたようです。

      調べてみると、青森県は38人の公募枠に対して、1354人が応募。倍率は35.6倍。

      他の都道府県と比べると低めのようです。応募者がそんなにいなかったんですかね。

      正直あまり実感が沸かないんですよね。

      速報通知ですし。正式な通知まだですし。

       

       

       

      12月20日になり、トヨタから大きな荷物が届きました。

      開けてみると、「チャレンジャーキット」なるものでした。

      ・送付のご案内

      ・決定通知書

      ・名前が刻まれたプレート

      ・なんかタスキ

      ・大きな額縁

      が入っていました。

      額縁には、決定通知書、プレート、ユニフォームを格納できるようになっているようです。

       

      さらに、送付のご案内の下には小さく、トヨタ自動車からもうひとつのプレゼントと書かれており、

      要約すると、

      トーチ購入の案内来ると思うけど、あんたにはトヨタからプレゼントすっから買わなくていいよ

      って事でした。

      まじか!トヨタ太っ腹!!

      じわじわと実感が沸いてくる。

       

       

       

      つづいて12月25日の夜。

      東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の東京2020オリンピック聖火ランナーデスクから

       

      【東京2020オリンピック聖火リレー】 《聖火ランナー選出のお知らせ》

      【東京2020オリンピック聖火リレー】 《聖火ランナー登録のご案内》 ※※返答期限:2020年1月15日まで

       

      というメールが立て続けに届きました。

      1通目には、

       

      -------------------
      おめでとうございます!!
      厳正な審査の結果、
      あなたは、正式に東京2020オリンピック聖火リレーの
      聖火ランナーに選ばれました!
      -------------------

       

      飾り気のないメール。

      要約すると、

      あなた聖火ランナーに選ばれたよ。

      後から送るメールを確認して、走る登録をしてね

      って事でした。

       

       

      で2通目。

      要約すると、

      あんたが走るのは2020年6月12日(金)。青森県内だよ。

      ほんとに走るんなら登録サイトから走るって登録してね。

      あと、メディアの取材来るかもしんないけどいいかな?

      選ばれた事SNSで発信してもいいけど私的なPRとかしちゃだめよ。

      あと、聖火リレーのトーチを71,940円(税込)で買えるよ。

      詳細は後日ね。

      という事でした。

      迷わず、「走ります I RUN」にチェックをいれて登録。

       

      クリスマスプレゼントをいただいたような感じです。

       

       

      そんなわけで、これ以上の情報はないですが、

      青森県内を聖火ランナーとして走ることになりました。

      頑張ります。

      | araseki | 08:30 | comments(0) | - | - | - |

      Calendar

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      Profile

      twitter

      --* PR *--





      写真素材-フォトライブラリー
      写真 素材

      Search

      Entry

      Comment

      Archives

      Category

      Link

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode