Entry: main  << >>
津軽の音競灰鵐機璽 in 弘前文化センター
0
     かれこれ1か月くらい前のお話となります。
    やっぱり地元にいないとなかなか情報が入ってこなくてノーマークだったイベントなんですが、
    「津軽の音供廖租舛┐燭い佞襪気箸凌粥 というコンサートがあると知りました。
    聞くところによると、あおもり10市大祭典の時に見た指が微妙に届かないような笛。
    それの持ち主が「使うよー」と。ほほぉ、あれでの演奏が聴けるとな!?
    さらには、「登山囃子は60名以上での演奏予定です! 凄い事になるよ!!こりゃ」
    それだけでも八戸から足を運ぶには十分すぎる理由が出来ました。

    だがしかし。日付は11月4日。日曜日です。
    コンサートって夜やるんでしょ?それはきついなぁ…
    と思っていたら、どうやら14:30開場 15:00開演。
    それならばちょうどいい時間に終わって帰ってこれるじゃないの。

    という事で行くことにしましたん。
    どうせだからと、去年笛を始めさせてギネスに挑戦に参加させ、今年もねぷたに参加させたM氏を誘った。
    なんか津軽三味線にも興味を持ってるらしいので断る理由なんかないはずだwなんつってなw

    そんなこんなで10時半頃に八戸を出発、おいらせ道の駅で用を足しつつ八甲田越え。
    最上部付近では道路の両脇には雪の塊が。除雪するほど雪があったんだねぇ。
    タイヤ交換しといてよかったねぇ。

    そんなこんなで弘前に到着しメシを食べて会場へ。
    出演者の方から前売りチケットを購入しました。ありがとうございます。
    「たいした、いい(すごくいいよ〜)」の言葉に期待で胸が膨らみます。
    そして開場までロビーで待機。
    10分前になるとぞろぞろとみなさんがいなくなった。
    見に行くと入り口に向かって行列が。
    よく見るとその横にたか丸くん発見!さっそく近寄って写真を撮ってたら、
    スタッフに顔見知りの方。ちょっと挨拶と雑談w。
    行列へ並ぶ途中にさらに顔見知りの方(登山囃出演者)。がんばってください!
    今年はねぷた絡みで知り合った方が結構いるのでいろんなところでお会いします。


    そうして会場へ入り前の方の席を確保しました。
    始まるコンサート。
    やはり津軽の血が流れているのかどれもこれもじーんと来るし、
    ウキウキというかもう血が騒ぐんですね。津軽サウンド。


    登山囃子60名越えの大迫力演奏もあり、非常に感動いたしました。
    津軽の音 というキーワードでこれほどいいものが出来るんですね。
    再認識することが出来ました。次回もあるならぜひ行きたい!
    | araseki | 18:37 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--





    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode