Entry: main  << >>
パンク修理
0
     幼いころから自転車に乗っていて、中学・高校はチャリ通だった私ですが、
    パンクした場合は近所の自転車屋に持っていくのが当たり前でした。

    今回晴れてドッペラーとなったワケですし、パンク修理くらい自分で出来るようにならねばと思っていた矢先、
    なんと運のいいことか。土曜日の出勤中に空気が抜けちゃいました。
    どうやらパンクしたようです。
    原因はおそらくですが、空気圧の低さが招いたリム打ち。
    実はポータブルなポンプで空気を入れていたので空気圧が足りていなかったんです。
    前の日あたりに、フロアポンプが届いたわけで、一足遅かったという感じ。

    仕事を終えて自転車を押して帰宅。
    髪を切りに床屋に行き、帰り際にホームセンターでパンク修理キットを購入。
    750円くらい。

    パッチが大1枚中2枚小4枚、口ゴム2個、紙やすり2〜3枚。タイヤレバー2個。
    接着剤1本に説明書。
    必要なものが全て揃っています。


    自宅に帰るなりまずはチューブを取り出します。
    昔は自転車屋で何度も見た光景なんですが、自分でやってみると意外に難しいもの。

    パンクの箇所を探す方法と言えば空気を入れて水を張った洗面器などへ入れるんですが、
    空気を入れただけで明らかにシューっと言っている場所がありました。
    穴というよりも裂け目といった感じ。リム打ちっぽい。

    そんなわけで慣れない手つきで紙やすりをかけてふき取り、接着剤をつけて
    一番小さいパッチを貼る。
    うまく貼れないw。チューブの直径よりパッチの方が微妙に大きく、
    端っこがうまくくっつかないのですw

    試行錯誤しながらなんとか完了。
    空気を入れてみます。
    漏れる音は無し!完璧です。

    早速チューブを元に戻します。
    がバルブのあたりのタイヤがチューブを噛んでしまってうまくはまりません。
    しょうがないので続きは明日にします。

    布団の中で気づきました。

    (バルブを奥に押し込めばタイヤの奥に入ってうまくはまるんじゃね?)

    翌日実行しました。思った通り。完璧です。
    早速空気を入れます。



    シュー



    漏れてます。


    どうやら試行錯誤してる間に別の部分を傷つけてしまったのか…。
    初めてです。失敗はつきものです。
    最悪チューブごと交換しちゃえばいいんです。
    というわけで見てみたら4か所くらいやっちゃってました。
    もはやもともとやばくなってたのか、作業中にやっちゃってたのかもうわかりません。
    パッチも足りないので100均に買いに走りました。

    なんやかんやで3回ほどチューブを取り出すような事態になりましたが、
    無事修理完了。
    同時に仏式のバルブがついたチューブを注文。
    試行錯誤しながら勉強していくんです。




    | araseki | 08:07 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--





    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode