Entry: main  << >>
緑色の視認性
0

    なにやら難しそうなタイトルです。

    でも、ねぷたに多少関係するお話です。

    ねぷたと言えばもっとも多く使われる色が赤でしょうかね。

    書き方にもよりますが、赤色に次いでかわかりませんが何気に多いのが緑です。

    と言っても、絵の色がーとかそういう話じゃありません。

     

    赤い光と緑の光に関する話です。

     

    プレゼンテーションの場においてよく使用される、レーザーポインター。

    昔から赤色であったため、市販されているものの大半が赤色です。

    安価なものは基本的に赤色です。

    その為赤色のレーザーポインターがよく使われています。

     

    ここ数年、視認性の良さから緑色のレーザーポインターが出始めました。

    赤色は暗く見辛いとか遠くまで届きにくいとか

    緑色は波長がどーのこーので赤色に比べて8倍も明るく見やすいとかなんとか。

     

    幹線道路や高速道路においても、なんだかずらーっと並んで点滅するヤーツが緑色って場所を見かけるようになりましたね。

     

     

     

    交通誘導に使われる誘導棒。

    お巡りさんとか警備員が持っているライトセーバー赤い棒です。

    正式名称は「赤色灯」だそうです。通称「ニンジン」。

     

    これもほとんど物もが赤い色です。

    正式名称が赤色灯というくらいですから、赤いものが主流ですね。

    50数センチのが一般的で、まれに妙に太かったり、長かったりするものも見かけます。

    最近では、青いものなども見かけます。

     

    ねぷたの運搬や運行においてもよく使われます。

    歩くスピードで一般道の1車線を占有しますので、対向車を止めて後続車を前に誘導したりします。

     


    そんななか、ふと思ったのが緑色の光の話です。

    視認性の面では緑色の誘導棒なんていいんじゃないの?と。

    自分だけかもしれませんが、緑色の誘導棒見たことないです。

     

    と思って探してみたら、普通に売ってましたね。

    赤・青・黄色・白・緑 といろんな色がありました。

    中には、赤・青の切り替えタイプもありました。

     

     

    ということで、試しに買ってみました。

     

    明るい!写真を撮るとライトセーバー感が半端ないw

     

     

    これを来年のねぷたで使ってみようと思います。

     

     

    ちょっと暗くして撮ってみた↓

     

     

     

     

    赤は信号機にならって「止まれ」。他にも「危険」「といったイメージが強く、

    誘導棒は赤という先入観もあるので認識しやすいのでは無いでしょうか?

    つまり、交通誘導の場においてもっとも有効であると言えます。

     

    逆に緑は、信号機にならって「進め」。他には「安全」「癒し」といったイメージが強いですね。

    なので、交通誘導の場においてどういう感じになるのかはやってみないとわかりません…。

    これが懸念事項ですね。

    | araseki | 12:44 | comments(0) | - | - | - |
    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--





    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode