Entry: main  << >>
被災地を巡る旅
0
      震災からちょうど6か月となった9月11日。アメリカでは9.11テロからちょうど10年。
    そんな9月11日に被災地を巡ってきた。

    話の始まりはとある人が野田村の帰りに発言した「俺、石巻に行く」の一言。
    南風堂オーナーさんが先週の野田村お手伝いの日から3泊4日で福島まで南下しながら
    被災地の様子や各地の写真保管室を見る旅に出かけた。
    自分も被災地に行ってこの目で見たいなぁ。そう思ってた矢先の事。

    木曜日になり金曜に宅飲みしようと誘いがあり、金曜家で吞んだ。
    その時にその話が出たので俺も行きたい。もう一人も行くという事になり
    急遽白神行ったメンバー3人で旅に出ることになった。
    目的としては、石巻・気仙沼・陸前高田を見るという事だけを決めた。

    翌土曜日、9時半くらいに家を出発し八戸道へ。
    盛岡で買い物をするという事でまずはイオン盛岡へ。
    自分は特に買う予定はなかったけど、ちょっとした雑貨を購入。
    せっかく盛岡に来たんだし、八戸じゃ食えない物食いたいなーと思い「天下一品」へ。



    その後イオン盛岡南で追加のお買い物。なんだかんだで15時前に出発。
    この時点で本日の目的地は未定。とりあえず陸前高田を目指すことに。
    眠くならないようにしりとりで盛り上がる(謎)車内w
    段々空が暗くなってきた気もするので目的地を被災地じゃなく宿泊メインと考え仙台に決定。
    初めて自分の車で仙台入りして思ったのはナビのありがたさ。
    八戸にはない片側5車線どの車線を走ればいいのか教えてくれるのは非常にありがたかった。
    とりあえず飯より宿という事で車を止めれそうな場所を探し某スーパーの駐車場へ。
    友人のおNEWのレッツノート君で検索。しばらく探したもののなかなか見つからない。
    軒並み満室。1泊1人×3部屋と言うのが無い。
    何とか見つけた1泊3人1部屋(トリプル)を見つけオンラインで予約。
    もともと車中泊って気持ちだったのでベッドで寝れて風呂もトイレもあるのは非常にうれしい。
    ホテル向かいの駐車場へ車を止めチェックイン。
    そしてホットペッパーで飯処を探した。しばらく悩んだけど、
    KIRINビアフェスタに惹かれそこに行くことにした。







    お腹いっぱい胸いっぱい。と、被災地を巡る旅だったはずが普通の旅行になっている・・・
    本番は明日!ということで明日の事を考えてホテルに戻りシャワーを浴びてから就寝。




    そして翌日である2011年9月11日
    6時半くらいにおっきして7時頃には出発。ナイス朝活。
    セブンイレブンでおにぎりを購入し食べる。車にも朝食をという事でエネオスで給油gokgok
    一路石巻を目指す。ナビに従って北上し利府中I.C.あたりから高速道路へ
    そのまま石巻に行く予定だったが、次のI.C.「松島海岸」の文字。
    せっかくだからと日本三景である松島も見ていこう!と1区間で高速を降りる。
    松島観光協会の向かいの駐車場に車を止め、早速被災地写真を。
    カメラを構えファインダーを覗く。早速シャッターを押すもののシャッターが切れない。
    アレ?と思ったら右下に[ -E- ]表示。カードが刺さってない!
    ものすごいショックを受けガッカリ。
    もしかしてコンビニで売ってるかも!?という淡い期待を抱いて石巻へ向かう。
    道中コンビニやホームセンターに寄るもののSDカードしか売っていなかった。
    自分のカメラはD70でコンパクトフラッシュなのだ。
    ナビでカメラのキタムラを発見し通り道なので大丈夫かと思ったら、閉店していた。
    その場からケーズデンキを見つけそこに行きやっとコンパクトフラッシュをゲット。
    そして石巻市内海沿いへ。被害が大きそうな場所で車を止めて周りを見る。
    ところどころに花が供えられていた。ヘドロでべちゃべちゃのままの道路。
    水が溜まり沼のようになっている土地。漂う異臭。
    幹線道路は砂利を敷くなりで通れるようになってはいるもの、他は道路なのかどうなのかもよくわからない状況。
    半年経った今でもそんな状態。
    あらかた写真を撮り、次は気仙沼を目指す。

    2011年9月11日宮城県石巻市


    丁度お昼も近いという事でイオンスーパーセンター石巻東店内のサイゼリヤでちょっと早めのお昼。
    ハンバーグめちゃウマ。八戸にもサイゼリヤをください。
    位置関係が分からなかったが、石巻と気仙沼の間に南三陸町があることを知り
    そちらにも行くことに。
    何度も報道で取り上げられていて良く名前を聞いた南三陸町。
    テレビで見た志津川病院、そしてあの防災対策庁舎。
    志津川病院の入口を入ったところにはお供えがしてあった。
    防災対策庁舎の前にも献花台があり喪服を着た方が何人か手を合わせていた。
    それをじっくりと撮影するマスコミ(?)の姿。
    何とも言えない雰囲気。どこよりもマスコミが多かった気がする。

    2011年9月11日宮城県南三陸町


    続いて気仙沼。海沿いをずーっと走った感じ確かに被災はしてるがそんなにひどいという感じでもなかった。
    しいて言えば気仙沼線の線路が崩壊していた。
    車を止めるほどでもない(ある意味見慣れてきてしまった)なーと思い走っていき、
    市役所を過ぎて加工工場がある辺りで景色は一変。
    恐らく南の方から津波が北上してきたと思われた。ちょうど気仙沼湾の北端から北に向かってびっくりする状況であった。
    沼のようになった水たまりには魚がいるようだ。
    こんな状況でも生きていける動物たちは強い。
    荒れ果てた工場街の水たまりに魚が暮らしカモがいる。
    何とも不思議な光景を目にした。
    時間も時間なので次に向かうぞと車をちょっと進めたらそこには巨大な船が。
    恐らく直線距離で海から800mほどの場所。長さ4〜50mほどの船があった。
    八戸は港のすぐそばに船がうちあげられていたが、こんなところまでとは・・・。
    その船の近くに、冠水する道路の嵩上げを行っていますという看板。
    瓦礫の撤去はあらかた終わり道路が復旧すれば崩壊している建物もだんだんと片づけられて行くのだろう。

    2011年9月11日宮城県気仙沼市


    気仙沼を後にし最後の目的地陸前高田へ。
    だいぶ薄暗くなってきた為奇跡の一本松だけを見て終った。


    2011年9月11日岩手県陸前高田市


    そして帰りはイオン盛岡にて晩御飯を食べて帰ってきました。
    そんなわけで急遽決まった一泊二日の被災地を巡る旅は終わった。
    復興に当たりあらかた片付いてひと段落したようなところもあれば、
    全然これからだぞという場所もたくさんあった。
    なんというか時間が足りない。もっといろんなところを見たいと思った。
    次は福島方面や陸前高田より北側にも行ってみたい。


    | araseki | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--





    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode