Entry: main  << >>
手作りビール日記4
0
     そんなわけで、2〜3日というか2日置いた。
    試に一瓶詰めてみようかとやり始めたら、途中で止めるのもなんだかなーという気になり、
    とりあえず半分くらいやってみようと。

    王冠10〜20個さらに並べにアルコールスプレーをふりかける。
    ビールビンを取り出し、内部にアルコールスプレーを吹く。
    スティックシュガーを瓶の中に入れビールを注ぐ。
    ちなみに、ビールを入れてからスティックシュガーを入れると泡がでて溢れる…。
    ちょっとしたビール臭に囲まれながらの打栓作業はなかなか楽しいが、
    思っていたよりチープな作りの打栓器が壊れるんじゃないかとヒヤヒヤした。

    なんだかんだで結局大瓶36本+ペットボトル1本(確認用)となった。
    といっても最後に詰めた大瓶1本は澱が大量に入ってしまったかもしれない。
    正直ビールとしては失敗じゃなかろうか…。

    全てをケースに入れ、二次発酵すべく押入れに戻した。



    後は2〜3週間じっくりと発酵と熟成をさせる。
    10月下旬から11月には飲みごろになるだろう。


    確認用のペットボトルに注いだビールは、綺麗なオレンジ色であった。
    日曜日に比重を図ったときはもっと黄色だった気がするが、
    泡が混じってそんな色に見えたのかもしれない。
    このペットボトルがパンパンになれば二次発酵終了の合図。



    ほぼすべての瓶には3gのスティックシュガーを入れた。
    2本だけあった、サッポロラガーの瓶には、スティックシュガーを5g投入してみた。
    砂糖が多いとその分炭酸が強くなるそうだ。ただし、強すぎると破裂してしまう。
    大瓶に対しては、3.8g位がちょうどいいようだが、強めの炭酸が好きな人は多めに入れるといいらしい。
    何事も実験。こういう試行錯誤できるのも自作の利点である。

    | araseki | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--




    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode