Entry: main  << >>
いざというときの備え
0
     あの震災から半年以上が過ぎ、平常通りの生活になっている地域の方は、
    震災前の日常がほぼ戻ってきてしまっているため震災を忘れがちです。
    けれども被災地では新しく建物を建てているという場所はほとんどないようです。
    手つかずの場所、道路からなおしている場所、片づけてしまって平原になっているところ。
    震災前の状況はそこにはもうありませんね。
    新しい日常に移るためにはいったいどれだけかかるでしょう…。


    さて、忘れてはいけないのが災害対策。自然災害を防ぐ事はできません。
    しかし起こる事を想定してある程度の対策をしておくことはできます。
    今週になって地デジの放送に今まで見られなかったノイズがあったり、
    FMラジオに異様に雑音が入ったりと何かがあるんじゃないかと
    思ったのが理由というわけでもないけど、ガソリンを満タンにしておきました。
    ガソリンが残り1メーターを切りそうだったのが理由ですw
    いつもは半分切ったら給油するようにしてたのですが、面倒だったので忙しくて忘れてました。
    ついでにワックス洗車。

    先日会社では、ガソリンの容量が半分以下になったら満タンにしましょうというお触れが出ました。
    やっぱり災害直後にガソリン不足けど1メーターしか無い!なんて状況は避けたいようですね。
    ガソリン半分→給油をしておけば最悪の場合でも半分のガソリンが入っている状況を確保できますのでリスク管理としてはやっておいて損は無いでしょう。
    ガソリンの重量増加による燃費の低下なんて誤差の範囲内レベルでしょうし。

    さて、3月の震災時に困った事は何か?というアンケートを取ったところ、

    ・携帯がつながらない
    ・ガソリンの確保が難しい
    ・暖を取れない
    ・電気が使えない
    ・食料品が売り切れ

    と言うのが上位に食い込んでましたね。


    携帯がつながらない
    これはこちらで対処しようがないですね。
    するとすれば災害に強いキャリアの携帯を契約しておくって事ぐらいでしょうか?
    地域によって差はありますが、青森県内だとソフトバンクやウィルコムは真っ先につながらなくなりました。
    都市部であれば自家発電のあるビルにウィルコム基地局があり停電に強いウィルコムなんて言われていますが、
    こちらは、電柱にポコポコある程度なので停電だと真っ先に切断されます。
    ソフトバンクも基地局が少ないのか自家発電のレベルが低いのか数時間で市街地が圏外になりました。
    ドコモは不安定になったりしつつも最後までつながっていました。
    auは持ってないので知りませんw


    ガソリンの確保が難しい
    事前に入れておくしか手がありません。
    保管するならそれなりの資格や環境が必要でしょうし。
    後は節約。見通しが立たない場合、車の使用は最終手段と考えましょう。
    ある程度なら自転車でも移動は可能ですから気合いです。(ぇ


    暖を取れない
    反射式石油ストーブ最強説です。用意しておけば灯油さえあれば暖を取ることができます。
    持家であれば、薪ストーブや暖炉を設置するという手もあります。
    何気に火鉢・七輪など炭を使うものや、キャンプ用品のガスストーブなんかあってもいいかもしれません。


    電気が使えない
    まぁ、現代ではないとかなり不便ですが、無いからと言って死ぬものではないです。
    発電機でも家に備え付けとくべきですかね?
    大概の発電機は燃料としてガソリンか混合ガソリンを使用しますが、
    ガソリンが入手できなくなるときついですね。
    ホンダでは、カセットガスで発電できる発電機があるようです。
    あと、携帯の充電レベルであれば車のバッテリーやシガーソケットから100Vに変換できる、車用のインバータもいいでしょうね。


    食料品が売り切れ
    極端ですが、生きる為であれば1週間くらいは食べなくても生き延びる事は出来ます。
    ただし水は3日くらい摂取できない期間が続くと死ぬ確率がかなり高いそうです。
    長期保存が効きそうな食料品や非常食・水を用意しておくといいかもしれません。
    インスタント食品、乾麺なんか結構持ちますよ。


    その他
    赤ちゃんがいるご家庭は紙おむつが足りなくなったりといろいろ大変なようです。
    皆が必要な物と言うのは真っ先に売り切れます。普段から多めに用意しておきましょう。




    さて、うちはどうなのかと言うと、
    自宅にはカセットコンロを用意してボンベが6本さらに炭と七輪もあるし、お米も30kg位はある。
    安いときに買い溜めするので、そうめんやパスタ等の乾麺も結構な量があります。
    備蓄の水も多少はあるので数日は持ちますね。
    水・食料と暖とガソリンは今のところ大丈夫です。
    携帯もドコモとソフトバンクありますし。
    震災後に用意したランタンと電池もある。

    とある報筋から今週は地震警戒週間と思ってましたので
    家に帰ったら風呂桶に水を張っておこうかと思います。

    まぁ、自宅が倒壊するレベルだとこれらもほとんど役に立ちませんが…。
    | araseki | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
    Comment








    Trackback

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Profile

    twitter

    --* PR *--





    写真素材-フォトライブラリー
    写真 素材

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode