Page: 2/3  << >>
2012初スモーク
0
     久々であり2012年の初燻しです。
    いつものサイズとその倍のサイズのやつがあるけど、どっちがいい?
    と聞いたところ、太い方!と頼まれましたので、勢い余って作ってしまいました。
    渡す日は先ですがそもそもチーズの賞味期限が長いものなので問題ないです。
    むしろ多少日にちを置いた方がなじんでおいしくなります。翌日のカレーみたいな。

    で、そのために新しく買ってきたチーズをまず一本。
    冷蔵庫に保管してた残りのチーズ。そしてうずらの卵。

    頼まれたやつは半分ペッパー、半分プレーン。
    冷蔵庫に残ってたチーズは半分に切っていつものサイズへ。

    で燻し燻し。



    途中で火が消えること2回ありまして、ものすごい時間がかかってしい結局そのまま放置して寝ました。
    朝起きてふたを開けてみると…

    久々の出来映え。いい色艶してます!




    | araseki | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    手作りビールメモ
    0
       手作りビールについてはこちらから
      手作りビール日記
      手作りビール日記2
      手作りビール日記3
      手作りビール日記4
      手作りビール日記5
      手作りビール日記6
      手作りビール日記7
      手作りビール日記8

      先日、プライミングシュガーを5g投入した瓶を開けてみました。
      炭酸の感じ泡の立ち具合どれをとってもOKな感じでしたよ!

      ということで次回作の小麦のビールには大瓶には5gのプライミングシュガーを投入することにしました!


      空きビンも増えてきたことですし、そろそろ次回のビールの仕込みをしようかなっ!!
      | araseki | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      自作ビールメモ
      0
         初めて作った自作ビール。まずくはないがうまくもない。
        私の記憶によれば、醗酵状態の確認ではこのフレーバーは感じられなかった。
        という事は瓶詰までの間にやった作業が原因だったと考えられます。
        その内容とは、「瓶詰直前に行った消毒作業」
        アルコールだし、大丈夫だろうと
        アルコールスプレーを瓶内に1プッシュして消毒を行い、
        そのまま瓶詰をしました。

        おそらくそのアルコールスプレーの中身が雑味を引きおこしこんな味になったのだろう。
        そう思えました。


        今思い起こすと、なぜそんなことをしたのかと。

        次回はそんな事しちゃいかんという事で、
        まずホコリ対策として飲み終わった瓶は洗って乾燥させた後に口にラップをしています。
        当然瓶詰直前には殺菌→すすぎを行います。
        あと、プライミングシュガーは5g〜6g投入します。少なかった!


        前回作ったビール
        モーガンズ オーストライアン ラガー



        次回予定ビール
        ブラックロック ウイスパーリングウィート
        ドイツ風ヘフヴァイツェン(濁り小麦ビール)黄金色のフルーティなビールです。


        これを付属のイーストではなく、ウィート(小麦)用のイーストを使って仕込みたいと思います!


        さらに、ドライモルト ウィート(小麦)を追加する予定。


        どんなビールが出来上がるか非常に楽しみですね。
        そのためには今あるビールをあと15本は消費しないとww


        | araseki | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        手づくりビールの罠
        0
           11月2日は私の誕生日でした。いろいろな方にお祝いしていただきました。
          いやぁ、非常にありがたいことでございます。本当にありがとうございました。

          手作りビールについてはこちらから
          手作りビール日記
          手作りビール日記2
          手作りビール日記3
          手作りビール日記4
          手作りビール日記5
          手作りビール日記6
          手作りビール日記7
          手作りビール日記8


          最近これしかネタないのかという気にもなってきましたが、手作りビールの話でございます。
          誕生日であった11月2日。当初から特に予定もなかったしおでんが食いたかったので、11月1日におでんを仕込みました。
          その後友人が祝ってくれるというので、自分で調理したおでんと自分が作ったビールをお振舞い…
          あれ、誕生日で祝ってもらってるはずなのになんで振る舞ってるんだ…?
          そんな疑問は置いといて、友人と二人で宴会を開始しました。
          もちろん自作ビールの状況はそんなに変わっていない。なので普通のビールも買いましょうという事で誕生日だしとプレミアム系ビールを購入しました。
          私はYEBIS。友人はプレモル。

          おでんを食べながら手作りビールを飲む。
          「まずくはないけど、うまくもない」
          という味に若干の耐性が付いてきたようで、まぁこれはこれでいいかなぁ…。という状態に。
          そして口直しにYEBISを飲んだ時に事件は起こりました。

          コクのある濃厚な味わいを期待して口に運んだYEBIS。
          薄味でさわやかなのど越し。まるでバド○イザーやスー○ードライのような…。

          そう、うまいわけじゃない手作りビールは
          うまくないけどコクがあり非常に濃厚な味だという事に気づきました。
          目先の「まずくはないけどうまくもない」という事に惑わされ、
          コクや濃さには気づいていなかったのです。


          せっかくのYEBISが物足りないと感じてしまうという大事件。


          手作りビールがビックリするほど美味しかったのなら構わなかったんですが、
          まずくはないけどうまくもないビールでがっかりしておいて、YEBISでまたがっかりという
          非常にがっかりしました…。

          そのあとでいつもの南風堂ではインターバルを挟んだおかげで美味しいビールを頂きました。ケーキまで頂き非常に楽しかったです。

          | araseki | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          手作りビール日記8
          0
             怒涛の勢いで日記書いてるな。
            そのうちドラクエシリーズを追い越しそうな勢いだ(違

            これまでの日記。
            手作りビール日記
            手作りビール日記2
            手作りビール日記3
            手作りビール日記4
            手作りビール日記5
            手作りビール日記6
            手作りビール日記7


            さて、弱炭酸というか微炭酸の若ビールに気合いを入れて数日が過ぎました。
            せっかくなので、まだ見ぬ瓶の方も試飲してみましょうか!

            という事で初。瓶を開けました。
            栓抜きを使いクイxっとな。シュポン!

            期待大ないい音が室内に響きました(大げさ


            キンキンに冷えたジョッキに注ぎます。

            シュワー。




            うん、泡立ちませんw
            飲んだ感じ、しゅわしゅわした感じはあるけどやっぱり物足りない感じです。
            熟成が進んでも炭酸はおそらくこれ以上増えることは無いでしょう。


            なので荒業を一つ…。

            およそ8本に対し、砂糖を追加しました。
            開けて、砂糖を1.5g入れ吹き出す前に打栓する。

            最初の2〜3本は吹き出しちゃってまぁ大変でしたが、
            その後の5本は無事吹き出す前に打栓することが出来ました。

            これで炭酸が強くなるなら残りのやつもやってしまいたいですね。


            最初のビールは試行錯誤のビールです。

            次回は小麦のビールか、一般的なピルスナーを作ってみたい!

            | araseki | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            手作りビール日記7
            0
               そんなわけで 昨日家に帰ってから、早速ビンを振ってみた。
              正確には、底に溜まった澱を均一になるように混ぜたという感じ。

              これまでの日記。
              手作りビール日記
              手作りビール日記2
              手作りビール日記3
              手作りビール日記4
              手作りビール日記5
              手作りビール日記6



              底に溜まった澱は、ガッチガチだったらどうしようとか思いながら瓶を傾けて
              底をすすぐように動かした。もわぁ〜っといった感じで澱が混ざっていく。
              光にすかしてみると、濁った状態になった。
              これを36本全てに行った。

              今朝の時点では、5割以上が液内に漂っている様子。
              昼の時点で、3割くらいが漂っている感じ。
              押し入れ内の温度も上がってきたので今晩再度混ぜてみる事にする。
              二次発酵が進むはず…っていうか進んでください。
              | araseki | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              手作りビール日記6【試飲】
              0
                さて、およそ2週間経ったであろうという事で、
                記念すべき10月22日に試飲を行いました。

                 これまでの日記。
                手作りビール日記
                手作りビール日記2
                手作りビール日記3
                手作りビール日記4
                手作りビール日記5


                成功していて美味いビールが出来ていればだれかと祝いたい。
                失敗していて不味いビールが出来ていれば道連れにしたい。
                そう思っていた矢先、ホルモン鍋会を提案された。
                これはチャンスとばかりに試飲用のペットボトルを冷蔵庫に入れた。
                美味しければ他のも開けようと思っていたので数本も同様に冷蔵庫へ。

                そして時間はやってきた。ペットボトルの封を開け匂いを嗅ぐ。ビールの香りがする。
                ワクテカしながらグラスへそそぐ。

                おや…?泡立ちが悪いぞ…?

                飲んでみたらまぎれもなく炭酸が弱い。
                炭酸が弱い=気の抜けたビール状態。
                不味くはないけど美味くはない。これしかないなら飲むしかないくらいのレベル。
                つまり、味はなかなか良かったと言ってもいいんではないかと。炭酸さえしっかりしてれば…。

                そんなわけでホルモン鍋会では「冬麒麟」と「麦とホップ」へ移行。


                しばらく考えた結果、
                可能性1
                プライミングシュガーが足りなかった。

                可能性2
                2次発酵が足りてない。


                という事で対策しやすそうな可能性2の方をやってみることにする。
                瓶をちょっと振ってから再度加温。

                これでだめなら可能性1になるのでプライミングシュガーを足して再度打栓することになるか…?

                いずれにせよ初めての事なのでいろいろ試してみましょう。
                研究好きな自分はいろいろやってみたいのです。
                | araseki | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                手作りビール日記5
                0
                   手作りビールを仕込んでから早2週間が過ぎました。

                  これまでの日記。
                  手作りビール日記
                  手作りビール日記2
                  手作りビール日記3
                  手作りビール日記4


                  二次発酵では、加えたプライミングシュガーにより瓶内に炭酸ガスが発生し、
                  じっくりとビールに溶け込んでいく。
                  これが、きめ細やかな泡を生み出してくれるそうだ。

                  瓶詰からおよそ4日が経過し、観察用のペットボトルを手に取ってみるとすでにパンパンに。
                  どうやら二次発酵も完了したと見ていいのではないかと判断し、
                  例によってさらに1日様子を見て、オイルヒーターの電源を落とした。
                  これまでおよそ2週間にわたって発酵のお手伝いをしてくれたオイルヒーター君に感謝。

                  ここからは熟成期間に入るのです。
                  半月〜1年。好みによってさまざまな熟成期間があるらしい。
                  開けて飲むその時まで熟成は続く。生きたビール酵母が入っているこの瓶たちは、
                  熟成度合や日数によってそれぞれが様々な個性を持つらしい。

                  来週にでも試飲してみようか。
                  楽しみ楽しみ。

                  | araseki | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  手作りビール日記4
                  0
                     そんなわけで、2〜3日というか2日置いた。
                    試に一瓶詰めてみようかとやり始めたら、途中で止めるのもなんだかなーという気になり、
                    とりあえず半分くらいやってみようと。

                    王冠10〜20個さらに並べにアルコールスプレーをふりかける。
                    ビールビンを取り出し、内部にアルコールスプレーを吹く。
                    スティックシュガーを瓶の中に入れビールを注ぐ。
                    ちなみに、ビールを入れてからスティックシュガーを入れると泡がでて溢れる…。
                    ちょっとしたビール臭に囲まれながらの打栓作業はなかなか楽しいが、
                    思っていたよりチープな作りの打栓器が壊れるんじゃないかとヒヤヒヤした。

                    なんだかんだで結局大瓶36本+ペットボトル1本(確認用)となった。
                    といっても最後に詰めた大瓶1本は澱が大量に入ってしまったかもしれない。
                    正直ビールとしては失敗じゃなかろうか…。

                    全てをケースに入れ、二次発酵すべく押入れに戻した。



                    後は2〜3週間じっくりと発酵と熟成をさせる。
                    10月下旬から11月には飲みごろになるだろう。


                    確認用のペットボトルに注いだビールは、綺麗なオレンジ色であった。
                    日曜日に比重を図ったときはもっと黄色だった気がするが、
                    泡が混じってそんな色に見えたのかもしれない。
                    このペットボトルがパンパンになれば二次発酵終了の合図。



                    ほぼすべての瓶には3gのスティックシュガーを入れた。
                    2本だけあった、サッポロラガーの瓶には、スティックシュガーを5g投入してみた。
                    砂糖が多いとその分炭酸が強くなるそうだ。ただし、強すぎると破裂してしまう。
                    大瓶に対しては、3.8g位がちょうどいいようだが、強めの炭酸が好きな人は多めに入れるといいらしい。
                    何事も実験。こういう試行錯誤できるのも自作の利点である。

                    | araseki | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    手作りビール日記3
                    0
                       今日でちょうど1週間。
                      比重を計ってみることにした。
                      比重計とセットの容器にビールを入れる。
                      にごりがある状態だけど、完全なビール色。期待。

                      早速比重計をいれたところ、BEER FINISH の位置。
                      どうやら発酵はほぼ終了しているようです。

                      一応一口試飲してみた。
                      甘みが無くなれば発酵が終わったといっていいらしいが、
                      甘みは感じられなかった。ビールそのものの苦味があった。

                      もう瓶詰めまでやってしまってもよさそうだ。
                      午後はスティックシュガーを買ってきて瓶詰めをしようと思ったが、
                      そういえば、あわ立ちがすごかったのであと2〜3日置いたほうがいいかもしれないという結論に達した。

                      とりあえず3gのスティックシュガーを買ってきた
                      | araseki | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      Calendar

                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      Profile

                      twitter

                      --* PR *--





                      写真素材-フォトライブラリー
                      写真 素材

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode