Page: 2/2  << 
非常用グッズ他
0
     数年前から、非常用にと揃えていた物がありました。
    今回の震災でこれらも必要になる!と考えたものもありました。
    それらをちょっとまとめてみよう。
    基本的に商品へのリンクはAmazonや楽天のアフィリエイトで行きます。
    つまりこれ経由でみなさんが購入することによって私に利益が生まれます。ぐへへ。(極わずかですが)

    まずは保存食
    災害等でよく言われているのは72時間、つまり3日間生き延びれれば、
    よっぽどの広範囲の災害でもない限り、避難所が開設されるし救助隊が到着となります。

    その3日間に於いて、必要最低限の水とカロリーを摂取できるのがこちら。



    カロリーブロック9食分+水+アルミブランケットが含まれています。
    うちには2箱用意しています。あと2年ほどで賞味期限が来ちゃいますね。
    まだ食べてないので、味は分かりませんが、
    ほんとに極限状態でないとあまり効果は無いかもしれませんが、
    登山等遭難の危険がある場所に出向くさいのアイテムとしてもいいかもしれません。


    続いては水。
    水道水の汲み置きは数日で飲料としては使えなくなります。(細菌等の問題)
    ですので、長期保存可能な水を常備しておくのが吉です。
    水道が出たり、給水車が来るのであれば何とかなりますが、どうにもならない事もあるのです。
    そこで5年保存可能なのがこちら。



    うちでは、2Lの6本セットを保管しています。
    こちらもあと2年ほどで賞味期限が来ちゃいますね。


    で、おまけのパンの缶詰。
    こちらは、商品リンクが見当たらないので、楽天へのリンクで勘弁してください。
    在庫もないみたいです。
    賞味期限は3年。手元のを見たら、ちょど4月で切れてましたw
    近いうちに味見しますw


    と、食料についてはこれくらいは用意してました。

    それとは別に、手回しでの発電・充電ができる、LED懐中電灯兼ラジオ(携帯電話の充電も可)
    モノ的にはこれです。

    災害用とは別に、アウトドアグッズとして、
    LED懐中電灯、バーベキューコンロ、七輪、木炭等もありました。

    一番活躍したのは、LED懐中電灯と手回しラジオ。
    停電時にさまざまなものを照らしてくれるありがたいやつと、
    情報を集めることができるラジオ。


    そして、震災後に新たに追加したものが
    ウォータータンク20リットル

    ・インバーター
     
     クルマがあったので、携帯の充電はできたのものそれ以外何もできなかったので
     念のため購入。前からほしいとは思っていたのでちょうどいいかも。

    ・LEDランタン(到着待ち)
     
     アメリカ国内向けの商品で白色LEDで明るさは300ルーメンのランタン。単1乾電池を3本使用。
     今でこそAmazon.co.jpで取り扱っているものの、
     1か月前は国内向け商品が倍以上の金額だった。
     なので、Amazon.comへ注文。
     国内向けのモデルは、GENTOS EX-777XPというやつで、こちらは暖色LEDで280ルーメン。
     手数料考えても、Amazon.comのほうが安い。
     到着予定日が5月16日になっているので近いうちに届くと思われます。
     キャンプやBBQにも使えるってことで2台注文。


    今回の震災を受けわかったこと。それは、保存食を用意したはいいが実際食すことはなかったという事。
    なぜなら自宅に備蓄していたとしても、冷凍食品や生鮮食品等優先して消費すべき食材がある。
    タイミングにもよるけどインスタント食品や乾麺類を入れると結構な日数行ける。
    非常食よりも、インスタント食品&熱源(炭やカセットコンロ)&水があればおおよそ大丈夫な気がした。


    | araseki | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
    勘違いしてる感じの話
    0
      【重要】この記事は、当たったら俺SUGEEEEE!!!!1 って言いたいだけの記事です


      世の中にはいろんなことから地震を予知しようとする人たちがいます。
       電波、電磁波、地震雲、動物の行動、大気イオン、湖等の水位、微震などなど
      様々な方面の情報(宏観情報)を集め、これまでの情報と比べ、異常見つける。
      そこから地震を予知しようという感じらしい。
      あんまり詳しくないので間違ってたらごめんなさい。

      なかには、自分の身に感じる異常(体感)をもって予知をする人も居るんです。
      さらには、予知夢とか正夢と言った方面まで及びます。

      地震予知は幅広い研究がなされているようです。


      実は最近、その「体感」を感じるようになった。気がしないでもない(笑)
      数日前(4月16日)にTwitterで

      むくり。大きめの地震がきた夢を見た。

      とツイートした。
      その日、16日11時19分頃    栃木県南部    M5.9    震度5強

      そして、先日の3.11の東北地方太平洋沖地震の前には、
      普通に歩いただけで、右足付け根をねじるような痛みを覚えていました。

      もしこれらが体感というならば、ここ数日(1〜2日)のうちに大き目の地震が来るだろう。

      なぜならば、
      ・本日、大きめの地震がきた夢を見た・・・気がする
      ・本日、朝から右足付け根が同じように痛む
      ・昨晩めったにない耳鳴りがした。 ← New!

      という状況にあるからです。


      何の根拠もないし、地域まで特定できないので何とも言えませんけどね。
      そもそもおいらそんな能力ないと思うし!
      っていうか、そんな地震が起こってたまるか!

      | araseki | 12:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
      大きい余震
      0
         あのM9.0を記録した巨大地震から4週間が経とうとしていた。
        余震もだいぶ落ち着いて来たなぁなんて思っていたまさに昨日(2011/4/7)のよる23時半頃のことでしたね。
        M7.1(7.4?)の大きい余震が発生しました。

        3.11の本震の余震としては、直後に発生した余震の次くらいに大きい地震だったようです。
        最大震度は6強で、こちら八戸市の震度は5強でした。

        ベッドの上でうとうとしていた私の枕元ではドコモの携帯がアノ音を鳴らしていました。
        その時の気分は、"スヌーズ3回目くらいの目覚まし" まさに、

        「うっせーな…」

        という気分でした(苦笑)
        その後iPhoneのゆれくるコールも鳴り出し、ようやく意識が戻ってきたのか

        「あれ?揺れるか?」

        と思った矢先揺れる揺れる。暗い寝室に居たが、ふと、さらに暗くなった気がした。

        「あれ?停電キター?」

        寝室PCの方を見ると、モニタやスピーカーのLEDが消えていたため停電と気づいた。
        急いで枕元の懐中電灯を手に取り、リビングへ行ってみる。
        とりあえず大丈夫なようだ。


        Twitterにて情報収集し、震度や青森県内全域が停電だと知る。
        災害直後で停電になってしまいテレビが見れない場合はTwitterが一番早いですね。
        落ち着いて、ワンセグを起動するとのんきにアメトーーークが放送されていたのですぐにNHK総合をみたら、
        地震直後の各地の様子等が映されていて揺れの大きさを実感した。

        夜中に一瞬電気がついたものの数分でダウン。
        朝までには復活するだろうとタカをくくって就寝。
        朝になっても復旧していなかったでござる。


        どうにもならないので、とりあえず水で洗顔洗髪髭剃りをし、いつもより早めに会社に出社。
        停電状態なのに続々と出社してくる社員たち。

        日本人の勤勉さってすごい(笑)
        | araseki | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
        震災から3週間八戸の海沿いの様子
        0
           テレビや新聞でよく見る沿岸沿い。
          今日のNHKニュースでは、7メートル近い津波だったのではという報道がなされた、
          八戸港。(おそらく館鼻)

          震災から3週間が過ぎた4月3日に訪れてみました。
          報道で知ってはいたものの、実際に見ると迫力があり津波の凄さを実感しました。
          岩手や宮城ではこれ以上の津波が襲ったのだと思うと恐ろしい…。

          最初に行ったのはハマの台所、漁港ストア。当たり前のように営業していた。
          そば・うどん・おにぎり・おでん。震災前と変わらない品揃え。
          しかし売店や産直コーナーはなくなっていた。

          外に出るといたるところに船が乗り上げ、それらのほとんどは手つかず。
          いくつかは修復中だった。海の匂いはしない。油(燃料)の匂いが立ち込めていた。

          岸壁が破壊され、道路まで流された船。

          そんな現実が目の前に広がる中、沈んだ船を引き揚げるサルベージ船がいた。
          少しずつではあるものの復活の兆しが見えていた。

          さらに蕪嶋。
          観光遊覧船の建物はなくなり、トイレも流されそして立ち入り禁止に。
          岸壁だって破壊され、駐車スペースも少なくなっていた。


          白浜に足を延ばすと、さらに悪夢かと思える光景があった。
          3週間も過ぎたからか、だいぶきれいになったんだろう。
          それでも思ったより深い爪痕が残っていた。

          ありえない場所に立っている海の家。折れ曲がった街灯。
          逆を向いた避難看板、そして破壊された民宿。
          海水浴場用の駐車場は砂に埋もれていた。

          そんな写真をPicasaに保存しました。
          http://goo.gl/photos/z5VHldKHZB


          | araseki | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
          震災から3週間が経ちました。
          0
             おそらく有史以来誰も経験した事のない巨大地震、同時に発生した大地震。そして沿岸部を襲った巨大津波。
            そんな2011年東北地方太平洋沖地震から今日でちょうど3週間が過ぎました。
            28日に2週間たったと記事を書きましたが、この1週間で大きく変わったことは無いかもしれません。

            昨日も最大震度5弱という地震が起きました。
            八戸は震度3だったようですが、体感的には4くらいあったかもしれません。
            まだ続くのか・・・。
            そう思っていたのですが、本日は10時48分以降地震は起きておりません。
            終息を意味するのか、なんらかの前触れなのか知る由もありません。

            月曜と同様にコンビニに行って参ったのですが、
            ・カップ麺が少々在庫が増えた。
            ・お弁当の種類が増えた。
            ・店内で作っているパンが少し売られていた。
            ・ビール系飲料が消えた。
            と良くなってる部分もあれば悪化している物も感じられました。

            ビール工場が震災の影響を受けたためかビール系飲料がスーパーからも無くなってきているとのことでした。

            そして現在一番恐れられている福島第一原子力発電所の事故。
            政府・東京電力の発表を信用していいのか。
            内閣や東電、そして原子力安全・保安院の会見が同時に別で行われる等
            誰に対して何を伝えたいのか分からなくなってきている気がします。

            様々な方面から、「既に取り返しがつかない状態になっている。」
            そんな話も聞こえてくるようになりました。

            自分たちにできる事は、「逃げる」ことぐらいしかないかも知れません。
            個人的には、何があろうと日本という土地には残りたいとも思う。
            | araseki | 18:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
            お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
            震災から2週間が経ちました。
            0
               被災地の中でも比較的被害の少なかった青森県。
              海沿いはそれこそ津波の甚大ダメージを受けたものの、自分は特に被害はなかった。

              2008年7月に発生した岩手県沿岸北部を震源とする地震では、震度6弱を記録した青森県八戸市。
              今回は、震度5強だったようです。
              震度の差以上に被害を無くしたのはあの地震の後に行った地震対策。(食器棚へのつっかえ棒)おかげさまで被害がほとんどありませんでした。
              あの時は食器がいくつか落ちましたし棚も倒れました。


              さて、そんな地震から2週間が過ぎ町は平和を取り戻しつつあるのか・・・?
              津波等の影響を受けなかった自分目線です。

              【震災直後の街の様子】
              ・停電
              ・買い溜めか、食糧等物資の不足(コンビニやスーパーから食料やトイレットペーパーが消えた)
              ・燃料不足(ガソリンスタンドが営業でき無いため)
              ・ガス(ガスの製造ができず都市ガスは供給ストップへ)


              【1週間後の街の様子】
              ・電気はおおよそ復旧。しかし節電に努める。東北電力でも計画停電が検討される。
              ・ガソリンはスタンドが営業してるところがあるものの、長さが数キロに及ぶ順番待ち大渋滞が発生。
              ・食糧は依然不足気味。コンビニ等でお弁当やおにぎり、総菜パンをほとんど見かけない。
              ・都市ガス電気の復旧等によりガスの製造ができるようになり供給開始。
              ・ガソリン不足計画停電などの影響により、自宅待機を利用する企業が続出。


              【2週間後の街の様子】
              ・電気は全然OK。しかし節電に努める。
              ・インスタント食品、納豆、もやしは見かけない。もしくはほとんどない。
               牛乳が多少並ぶようになってきた。魚や肉、野菜はまぁまぁ。
               トイレットペーパーも売っている。
               コンビニでおにぎりや弁当、パンが復活し始める。
              ・ガソリンスタンドはおおよそ通常営業に戻り始めた。
              ・自宅待機はもう無くていいよ。
              ・計画停電は依然やってるなう。



              ちなみに震災直後の自分の話
              電気→停電後30時間で復旧。
              ガソリン→震災前に詰めててほぼ満タン。遠出をしなければ1ヵ月は持つ。
                   徒歩通勤なので通勤の心配はいらない。
              灯油→ガソリンと同時に36L購入していたため、1缶と半分くらいはある。
              米→白米が5kgほどと玄米が30kgある。
              ガス→プロパンなのでOK。
              そんな偶然が重なり特に苦労も強いられていなかったわけです。


              んでもってコンビニに行って弁当があることに感動し、徐々にではあるが物流等が復旧してきていると実感する。
              震災後に注文したウォータータンクも手元に届いたし。




              停電になって覚えた教訓
              ・アウトドアやサバイバルといった知識や道具が非常に役に立つ。
              ・乾電池は単1〜単3が軒並み売り切れ、単4だけが残る。
               →懐中電灯やランタンを用意するなら単4で動くタイプを用意するとベスト。
                もしくは、単1や単3にできるアダプターを持っておくと非常に助かるかも。
                ちなみにうちに有ったのは、単4電池3本で動くLED懐中電灯が3本。



              あと、思い出したら書いていく。
              | araseki | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
              ○○作戦 まとめ
              0

                他にもあったら教えてチョーダイ。


                ◆ ヤシマ作戦

                 エヴァンゲリオンより
                 大量に電気を消費する作戦を発動する為に、日本国内を停電にして、一か所に電気を集めた。
                 供給電力が足りなくなり大規模停電が起こりうる可能性がある為、東京電力が計画した計画停電や、
                 被災地での電力不足を阻止すべく節電を行おうといった趣旨の作戦。


                ◆ウエシマ作戦

                 ダチョウ倶楽部のギャグより
                 A「俺が!」B「俺が!」、C「じゃぁ、俺が!」 A,B「どうぞどうぞ」
                 被災地等に於いて食料や燃料の供給が絶たれ、物資の不足が目立った。
                 我先にと買占めに走るのをやめ、譲り合おうという趣旨の作戦。


                ◆アオシマ作戦

                 踊る大捜査線のセリフより
                 「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
                 ぐだぐだ非難や批判をやめて現場優先の流れと行動をという趣旨の作戦。


                ◆コジマ作戦

                 小島よしおのギャグより
                 「だいじょぶだいじょぶ〜」、
                 「ガンガンガンガンガンバレガンガンガンバレ!!」
                 「なにがあっても前へ前へ前ヘ!前へ前へ前へ!!」
                 など、今の状況を不安に思っている方はこれらのギャグをつぶやいてみよう
                 そうすれば必ずにやけてくる。そしてその小さな笑顔は必ず明日に繋がる!!
                 といった趣旨の作戦。
                 http://ameblo.jp/sanbyoshitaka/entry-10833125622.html


                ◆3D作戦(3D運動)

                 「できる人が、できることを、できる限り」を合い言葉にしていきませんか?
                 といった運動
                 http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2011/03/post-1d95.html

                | araseki | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
                とりあえず落ち着いてきた
                0
                   つっても一昨日当たりからだいぶ落ち着いてますが…。
                  ニュースでは八戸の港の映像が流され八戸の被害が大きいような事を伝えてますが、
                  中心街は停電になった以外は大きな被害は殆どありません。
                  確かに海沿いにお住いの方々や海沿いの会社、漁業関連では甚大な被害が出ていますが、
                  それ以外は停電以外大きいダメージは無いように思えます。

                  地震が起こった直後に停電となりました。
                  八戸の震度は、震度5強でした。
                  大きく揺れたとは思いますが、事務所ではモニタが倒れる程度で
                  見た感じ大丈夫そうでした。
                  そんな会社のことより心配なのは、家でした。

                  ほっと安心しつつもそわそわしていると、総務部長から帰宅許可が出たため急いで家に。

                  大混雑しながらも信号の動いていない道路。
                  大きい通りになるとなかなかわたることができず困惑しましたが、
                  無事家に到着。


                  鍵を開けリビングに入ると目の前には壁が・・・



                  そう、冷蔵庫です。それが冷蔵庫1個分前に出ていた。



                  そして左を向くと、見慣れない景色が



                  そう、食器棚です。それが食器棚1個分前に出ていた。
                  あとは、寝室の本棚が倒れていた(震度4以上で倒れるのは恒例)

                  それ以外の食器棚・本棚は突っ張り棒をしていたため無事。
                  中の食器も飛び出すことなく割れる事もなく無事でした。


                  以前の地震で倒れたダーツラックも対策していたためびくともせず。


                  いちばん心配だった液晶テレビも、キャスター付きの台と耐震ジェル(?)のおかげか無事。

                  PCラックに使っていたメタルラックもキャスター付きでうまく揺れを吸収してくれたのか、
                  モニタも倒れずに無事でした。

                  ただ、本棚の本はやっぱり落下して散乱。






                  食器棚に入っていたお酒も棚の中で倒れ、扉と棚の隙間に挟まれ明けた途端落下しそうな危機的状況にありましたが、
                  俺様のナイステクニックにより、落下せず無事に済みました。


                  そんなこんなでいまだ余震が続いておりますが、皆様気を付けていきましょう。
                  | araseki | 08:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

                  Calendar

                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  2930     
                  << April 2018 >>

                  Profile

                  twitter

                  --* PR *--





                  写真素材-フォトライブラリー
                  写真 素材

                  Search

                  Entry

                  Comment

                  Archives

                  Category

                  Link

                  Feed

                  Others

                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  Mobile

                  qrcode